平成26年の管理業務主任者・マンション管理士試験の合格発表があった!

1月23日、
 先週、1月16日に平成26年末に実施された、国家資格;マンション管理士の合格発表があり、今日(1月23日)には、続いて、同じく国家資格の管理業務主任者の合格発表があった。

 まず、マンション管理士の合格発表だが、
  受験者数:14,937人 合格点数: 50問中 36問以上
  合格者数;1,260人 合格率: 8.4%
  というデータだ。

  合格率が、8.4% とは、他の国家資格に比べても難しい資格ではあるが、毎年、毎年受験者が減っていて、このマンション管理士という資格が、とっても食えない資格であることが露呈し、人気がなくなっている。

 ここらで、マンションの専有部分が50戸以上なら、マンション管理士を管理組合に必ず顧問として1名以上つけるとかしないと、これから多くのマンションが建替えを迎えるにあたって、対応できなくなる。
 また、マンションのオーナーは自分の財産を大切にする気持ちを持って欲しい。

つぎは、管理業務主任者の合格発表だが、
 受験者数;17、444人 合格点数: 50問中 35問以上
 合格者数;3,671人 合格率: 21.0%
 という数字だ。

  こちらも、マンション管理士と同様に、受験者数は減少している。

 マンション管理士試験も、管理業務主任者試験も、もう高齢者が”脳力のトレーニング”として勉強していることによって、辛うじてその制度が保たれている。

 私が運営している 「目指せ! マンション管理士・管理業務主任者」 のサイトの反応をみても、過去には熱心な受験者が多くいたが、今は、礼儀も知らない初心者ばかりで、レベルが落ちていていて、残念だ。

 こんな状況では、無料でやっている 「マンション管理士と管理業務主任者の試験問題の解説」 や 区分所有法 ・ 建築基準法 の解説を続ける意力も萎えてしまうこのごろです。

"平成26年の管理業務主任者・マンション管理士試験の合格発表があった!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント