「管理規約」は必ず、読んでください。

マンションを購入したときに、売買契約書と共に部厚い冊子を渡されていますが、多くの
マンション購入者は、マンションの1室のオーナーになれたことで興奮していて、
この冊子が今後いかに重要な意味を持つのか理解していません。

この冊子の表題には「xxマンション管理規約」とあります。
冊子の中を見ると第何条などと、難しい文言で書かれていて、もう通常の人にとっては、法律のようで
1つ1つを読むことも無いことでしょう。

しかし、この「管理規約」は、マンションでの生活をする上で、大変重要なものです。
それは「管理規約」は、マンション生活では、「日本国の憲法」のように扱われるからです。

個人の住宅と異なりマンションという多くの人が共同生活をする場では、
騒音やペットの飼育など隣とのトラブルが多く発生します。

その為に、マンション生活で守るべきことがらが、この「管理規約」には羅列されています。

しかし、その内容は、区分所有権とか、共用部分とか専有部分から始まり、総会における多数決での決議方法など、難しいものです。

難しい内容であるのは、建物の区分所有等に関する法律(略称:区分所有法)に基づいて書かれているせいです。

 しかし、マンションのオーナーとなれば、「管理規約」の内容は理解しておかなければなりませんので
必ず読んでください。

 もしも、「管理規約」で分からない点があれば、区分所有法とマンション管理の専門家である、
「マンション管理士 香川事務所」 に、すぐに連絡ください。

 そちらのマンションの「管理規約」に沿った勉強会も開催いたしますので、理事の方もお気軽に、連絡ください。

 「マンション管理士 香川事務所」 から、管理規約の重要さについてのお知らせでした。

"「管理規約」は必ず、読んでください。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント