令和2年の管理業務主任者試験で、またまた、出題ミスがあった!

2021年3月15日、
3月9日付の管理業務主任者試験を請け負っている マンション管理業協会からの発表 によると、令和2年の管理業務主任者試験では、当初出題ミスが判明した「問44」に追加して、新しく「問18」も出題ミスで、4つの選択肢の内正解肢は、「1,2,3」の3つで、これを合格者に加えたため、以下のようにデータが変わった。

受験申込者数、受験者数及び合格者数等
受験申込者数 : 18,997名 (18,464名)
受験者数     : 15,667 名 (15,591名)
受験率       :    82.5 % (84.4 %)
合格者数     :  3,739 名  3,473 名 (3,617名)
合格率      :    23.9 % 22.2 %  (23.2 %)


( )内の数値は令和元年度の実績

合格基準点 50問中 37問正解 (試験の一部免除者 45問中 32問正解)

--------------------------------------------------------------------------------------
◎「問18」は全員正解扱いにすべきだ
 4つの選択肢から、1つを正解にするという出題形式において、「1,2,3」の3つの選択肢を正解とするこの扱い方は誤っています。

 「問18」は、出題文が不適切であったのですから、全部正解つまり、没問題として、受験生全員を正解と扱うべきです。
--------------------------------------------------------------------------------------

◎マンション管理業協会は、国家資格:管理業務主任者試験の出題機関として適正でない!
 管理業務主任者試験を請け負っている「一般社団法人 マンション管理業協会」は、令和2年だけでなく過去からも、平成30年、平成26年、平成25年、平成24年、平成17年など出題ミスを犯し、そのたびに「再発防止に努めてまいります。」としているが、まったく、再発防止ができていない状態だ。
 参考:「目指せ! マンション管理士・管理業務主任者」の「受験者数、合格者数」
 「http://www.higuchi-fit.co.jp/mezase/bun-kazu/bunseki-gyo.htm
 のサイト。

 もう、監督官庁の国土交通省は、このマンション管理業協会を管理業務主任者試験の出題機関として指定から外すべきだ。

--------------------------------------------------------------------------------------

◎出題ミスを防ぐ方法は?
 国家試験では、正解の根拠も公表すべきです。
 以前から、感じているのですが、今回の管理業務主任者の試験にしても、マンション管理士の試験にしても、また、宅地建物取引主任士試験にしても、高額な受験料をとりながら、ただ試験の正解番号を発表するだけで、その根拠を全然公表しません。

 これって、許される事ですか?
この姿勢は、正すべきで、今後国家試験においては、正誤の根拠も示して、広く世間の監督を受けるべきです。
 そうすれば、出題ミスの発生は、少なくなるでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2021年04月10日 18:18
記事と関係ありませんが、先生の記事が役に立ちましたのでお礼を言わせて下さい。
区分管理法31条1項
管理組合にて個人の不利益となる規約変更が行われそうなときに上記の内容を知れて助かりました。感謝致します。
管理人の香川です。
2021年04月11日 10:23
私の「超解説 区分所有法」がお役に立ったようで、サイトの作成者として光栄です。

また、マンションの生活でお困りのことがありましたら、お気軽に、「マンション管理士 香川事務所」もご利用ください。