令和2年度のマンション管理士試験の合格者は、972名だ!

1月15日、
昨年(令和2年)11月29日(日)に実施された、国家資格:マンション管理士試験の合格発表が、請負元の公益財団法人 マンション管理センターから、1月15日に公表された。
 それによると、
 受験者数:12,198名 (前年;12,021名)
 合格者数:   972名 (前年;   991名)
 合格率 :   8.0% (前年;   8.2%)

 合格最低点は、 50問中 36問 以上 (前年; 50問中 37問以上) とのことだ。

 このデータをみると、マンション管理士試験は、例年、合格率が8%前後となっていて、その問題の難しさと、”獲っても食えない資格”であることから、年ごとにその人気は、右肩下がりの傾向があったのが、どういう訳か、令和2年は、受験者数が、前年より +177名と 若干ながら増えたのが、最大の特徴だ。

 これは、もうマンション管理士の資格は、獲っても活用できないと分かっていながら、過去から受験して来た人たちが、この試験の合格点より1問または、2問不足近辺に多くいて、彼らの、1問に泣いた、2問差で合格できなかったという”くやしさ”で、数回受験しているという心理に負うものだ。

 とにかく、合格できた人は、この試験の合格は、まず、マンション管理士資格活用の第一歩であることを自覚して、「マンション管理士 香川事務所」 が無料で提供しています、 「超解説 区分所有法」 を常にテキストとして判断の基準にしてください。

 また、落ちた人は、脳トレで資格の勉強をするのが目的でなければ、今後の身の振り方を真剣に考えて、時間を他の物に使ってください。

 過去の分析は、 「マンション管理士 香川事務所」 作成の 「マンション管理士試験の受験数」 を参考にしてください。

 マンションに住んでいる区分所有者は、マンション管理士の存在を理解して、今の管理組合の運営を、他人任せにしないで、マンション管理士を顧問として迎い入れ、健全な管理組合の管理・運営をすべきですが、自分のマンションに関心が無ければ、無理な話か!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ありがとうございます。
2021年01月15日 21:06
香川様

始めてコメントさせていただきます。
昨年度は管理業務主任者を、今年度はマンション管理士を本サイトをベースに、無事に一発合格いたしました。

有意義な情報を無償でご提供いただいたこと、本当に感謝いたします。

私は今後、マンション管理士の資格を❝獲っても食えない資格❞
ではないことを実践したいと考えております。(中小企業診断士の資格を取得しており、何かコラボできないか模索する所存です)

これからも無理のない範囲で情報の更新をお願いいたします。
管理者 マンション管理士 香川
2021年01月16日 09:58
この難関の国家試験:マンション管理士に一発で合格とは、素晴らしいですね!
合格を心から、お慶び申し上げます。

*マンション管理士資格の活用の件
 多くの合格者において、折角獲ったマンション管理士なのに、ホームページで事務所の宣伝をするとか、近隣にチラシを配るとか、活動していない人ばかりで残念です。
 それよりも、区分所有者が、何千万円もかけて購入した自分の財産の管理に関心がないことが、問題でしょうね。
 これからも、協力していきましょう!
上原 佐登志
2021年01月21日 22:10
お世話になります。2020年受験生です。サイトを見させていただきありがとうございます。過去問中心に時間を使いましたが、まだまだ勉強不足で不合格となりました。2021年度は条文を主に勉強しなくてはと感じています。民法もわかってないの民法も。2021年再受験します。さて、問49について、ウは・・・専門的な知識や信頼を必要・・・の”信頼”が入っていたので不正解としましたが、答えは正解となっています。(答え4)ちょっと違うのではと思います。今後もサイトを見させてもらうことになりますが、よろしくお願いいたします。
管理者 マンション管理士 香川です
2021年01月23日 11:29
上原 佐登志 さんへ

令和2年のマンション管理士試験「問49」ウ について

令和2年から、マンション管理士試験問題の解説をしていないため、マンション管理士試験問題を検討していなかったので、気がつかなかったのですが、
国土交通大臣が作成した「マンションの管理の適正化に関する指針」を勝手に変えて「信頼」の語句を加えるのは、「適切」なものとは言えませんね。
 これは、至急、出題元に納得のいく根拠の公表を求めましょう。
大体、高額の受験料をとっていて、正誤の根拠を示さないという出題元の姿勢は、許されません。