マンション管理士 香川事務所 のサイト移行の案内

4月2日、
 契約プロバイダーの変更に伴い、「マンション管理士 香川事務所」のサイトを移行中です。

 新しい、アドレスは、

  http://enjoy1.bb-east.ne.jp/~tk4982/jimusho/jimusho-top.html

 です。

 メール・アドレスも、変更になりますが、ここで公表すると、迷惑メールが嵐のようにきますので、今後は、新規アドレス内のメールを度利用ください。

*また、香川の「映画・演劇 評論」のサイトも変更になりますので、こちらに興味がある方に、
 新しいアドレスは、

  http://enjoy1.bb-east.ne.jp/~tk4982/index.html

 です。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

 災害に会われた方々を支援しています 「マンション管理士 香川事務所」 からでした。




 

この記事へのコメント

座間太郎
2011年04月17日 07:02
いつも過去問に対して丁寧な解説をしていただいて本当に勉強になり、助かっています。ありがとうございます。私は、法律も設備のこともズブの素人ですが、平成22年度管理業務主任者試験問23の選択肢3の解説で疑問に思ったことがあったので質問させていただきます。香川さんは圧力タンク方式は、複数あるポンプ直送方式のうちの一つであるとしていますが、香川さんのポンプ直送方式についての解説は、平成22年度版「マンション管理の知識」731ページで⑤ポンプ直送方式と⑥圧力タンク方式をそれぞれ別の方式として二つに分けて解説しているのを一つにまとめてしまっているように感じます。香川さんがお作りになったポンプ直送方式の図の中にも圧力タンクが描かれていません。「マンション管理の知識」ではポンプ直送方式の解説の中には圧力タンクが必要とも不要とも書かれていませんが、後半部分に「この方式は、圧力タンク方式と同様に…」とあり、圧力タンクを設置しない方式であることがうかがえます。また平成17年度版「楽学管理業務主任者」の365ヘージ<4>タンクなしブースター方式(ポンプ直送方式)の解説には、はっきりと「この方式は、圧力タンク、高置水槽は不要です。」と書かれています。問23に関しては、もっとも不適切なものは選択肢2でしょうが、選択肢3は本当に「適切である」ということでよいのでしょうか。失礼があったらどうかお許しください。
解説者 香川です。
2011年04月17日 17:28
座間太郎さんへ
少し、解説がラフだったようです。
設問は、
*受水槽方式の一つであるポンプ直送方式では、一般に小流量時用の圧力タンクを設けている。

*これの補助解説です。
 ポンプ直送方式では、ポンプは小量の水が流れる時でも稼働して、この少ししか水が流れていない状態(締切運転というようです)が続くとポンプが焼ける危険があるようです。
 この状態を避けるために、小量の水しか必要としない時には、ポンプは停止させ、圧力タンク(小型ですが)も設けこちらを使用します。
 そこで、問23の選択肢3は、適切 となるわけです。解説の図は、大まかな構造を示すため、圧力タンクは除きました。
 こんな、細かな点まで出題するとは、本当に困った試験機関ですね。
 早速、過去問題も追加します。
 また、なにか、ご不明な点がありましたら、お気軽にれんらくください。
座間太郎
2011年04月18日 09:24
早速ご返答いただきましてありがとうございました。この解説を読んで納得できました。私は選択肢3の文中の「小流量時用の」という言葉にまったく気づいていませんでした。こんな不注意では合格は覚束ないですね。12月までさらに勉強を重ねていきたいと思います。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック