大規模修繕の実施

9月21日

 「マンション管理士 香川事務所」の宣伝のために、各マンションを訪問して、マンション管理士の案内文を配っています。

 そこで、外壁や屋上防水などの「大規模修繕」を行っていたり、計画をしているマンションがかなりありますので一言。

◎工事請負業者の選定は妥当か?
  誰かのアドバイスと思いますが、工事会社を1社にすると金額が透明でないので、複数の工事請負業者から見積りをとるということで、マンション内の掲示板に、工事会社へ見積りを出すよう掲示がありますが、これは効果がありません。

 理事会としては、組合員の手前、一応、複数の工事会社へ見積りを出すよう公告をしたことで責任を逃れる積りでしょうが、普通の工事会社がマンションを訪問するのはほとんど考えられません。

 他の工事会社からの応募はありませんから、最終的に、工事会社は、そのマンションを管理している会社の息のかかった工事業者が選定されます。

 そして、マンションを管理している会社と関係がある工事会社は、業務を請け負うに当たって、工事代金からマンション管理会社へリベート(紹介料とも)を払います。

 これは、管理会社や工事請負会社の営業形態としては当然の行為ですが、マンションの管理組合としては余分なお金を支払っていることに注目すべきです。

 この金額があれば、貴方のマンションのエントランスがもっときれいにできたお金です。

 では、工事請負会社の選定はどうすればいいのか?
 その方法が分からないでしょう。

 でも、賢明な貴方は気付いている筈です。

 こんな時に、専門家である「マンション管理士」がいます。
 
 一度、「マンション管理士 香川事務所」へ相談してみてください。

 検索 「マンション管理士 香川事務所」 でも連絡先は分かりますよ。

 連絡をお待ちしています。
 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック