目指せ! マンション管理士・管理業務主任者

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成28年のマンション管理士・管理業務主任者試験関係をまとめた!

<<   作成日時 : 2017/02/27 14:55   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 26

2017年2月27日
平成28年末に実施された国家資格のマンション管理士・管理業務主任者試験について、 「目指せ! マンション管理士・管理業務主任者」 のサイトで纏めが終わった。
 
 更新したのは、
 1.平成13年から平成28年までの
   @マンション管理士
   A管理業務主任者
  の試験問題と、同解説

 2.平成13年から平成28年までの
   @マンション管理士
   A管理業務主任者
  の試験での出題傾向の分析

 3.平成13年から平成28年までの
   @マンション管理士
   A管理業務主任者
 の申込者数・受験者数・合格者数のデータとグラフ

 です。

 これから、マンション管理士や管理業務主任者を目指す方々、また、マンション管理士や管理業務主任者の資格を持っている方々も知識を更新するのに、ご利用ください。

 全部、無料です。

 「マンション管理士 香川事務所」 からの提供です!

 また、マンション生活での相談があれば、お気軽に、「マンション管理士 香川事務所」までご連絡ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
よろしくお願いします。
さて、「区分所有法」「標準管理規約」には解説書がありますが「マンションの維持・保全」に関しては(適切な)解説書が無いと感じます。
また、28年度の出題を見ますと「マンションの維持・保全」に関する出題は超難問と思われます。
つきましては、「マンションの維持・保全」に関する勉強方法及び良い参考書等を教えて頂ければ幸いと存じますので重ねて宜しくお願いいたします。

追伸 どうも「闘魂」だけでは合格は難しそうですね(汗)
マンシヨンいのき
2017/05/23 19:42
マンシヨンいのき様へ

マンションの維持・保全とは、私が作成しています出題分野でいうと、「修繕・維持など設備関係」だと理解して話を進めます。

 確かにこの分野からは、全出題数の13%から20%で出題がありますから、ここを落とすわけにはいかないのですが、過去問題以外にも、毎年新しい、聞いたこともない出題があり、私も解説で頭を悩ませています。

 民法、区分所有法や管理規約、会計などを含めた基本的な参考書は、「マンション管理の知識(住宅新報社:発売)」です。
 多くの出題は、この「マンション管理の知識」から出ています。

 しかし、設備関係においては、この「マンション管理の知識」だけでは補えない出題が度々あります。

 そこで、調べると、「マンション 維持修繕技術ハンドブック (社)高層住宅管理業協会 編 オーム社」や
 「給排水衛生設備規準(空気調和・衛生工学会)」などから出題されています。

 私も、これら(高額です!)を自費でそろえるまでには至らず、時々図書館に行って、読み漁っていました。
 設備関係については、もう雑学的に憶えていくよりほかの勉強方法はないようです。

 お分かりとは存じますが、マンション管理士や管理業務主任者試験に合格するためには、他の人より知識がなければなりません。
 そこで差をつけるのは、もう雑学的にしろ覚えていることが多いということです。

 合格に近道はありません。

 勉強するだけです。

 また、お気軽に連絡ください。
マンション管理士 香川
2017/05/25 15:29
こんにちは

早速のご返信、ありがとうございます。

「そこで差をつけるのは、もう雑学的にしろ覚えていることが多いということです」

魔法の杖を手に入れて・楽して(謎)合格しようと考えていた自分が恥ずかしい限りです(汗)

さて、「◎平成16年挑戦日記」を興味深く拝見しました。

ところで(翌年に合格されたと思いますが)、合格された年の「合格体験記」を聞かせて頂けませんでしょうか?

実は・・・私のまわりは「不合格者『だらけ』」でして(笑)
「『不』合格体験記」は食傷気味でございます(爆笑)

つきましては、 お手すきの際にでも「合格体験記」を認めて頂けますととても助かりますので宜しくお願します。
マンシヨンいのき
2017/05/25 16:49
マンシヨンいのき様へ

マンション管理士合格体験記ですか。
これは、もう過去の話で、苦労はしたと記憶していますが、日記的に纏めるのはあやふやな記憶で無理ですね。

参考になるのは、この過去のブログでのマンション管理士や管理業務主任者試験の合格発表の際の合格者や残念者(の感想ですかね。

私も含めて、マンション管理士試験に一発で合格する人は本当に少ない現実、合格するには受験生の上位8%に入らないといけない難しさは、国家資格としても、難関試験ということが分かれば、受験対応の心構えもできるのではないでしょうか。

 また、資格をとっても、実務では試験問題よりも難しい問題が発生し、幅広い知識が必要とされますから、雑学も活用できますよ。

 自分なりに方法を見つけ、効率よく勉強してください。
マンション管理士 香川です。
2017/05/26 10:21
こんばんは
また、早速のご返信、ありがとうございます。

さて、「日記的に纏めるのはあやふやな記憶」と言われてますのに、さらにお尋ねして恐縮ですが・・・

一番努力(苦労!?)された点、合格レベル(受験生の上位8%に入らないといけない難しさ)に到達出来た秘訣(こつ!?)を教えて頂けますと、望外の幸せと存じますので宜しくお願いします。

マンシヨンいのき
2017/05/27 04:08
マンシヨンいのき さんへ

資格試験での合格の秘訣は、他の受験生よりも広い知識を持つことだけですね。

それには、まず、自分の弱点を少なくすることだと思いますよ。
過去問題をやって、自分が正解を出せないのは、法律なのか、会計なのか、設備なのかが分かれば、それを補う勉強に集中してはいかがですか。

全分野が弱点な人なら、基礎から勉強することになりますね。

私の場合は、コンクリートや排水など建物の設備関係は、分かりませんでしたので、図書館でこれらに関する本を雑学的によく読んでいました。
これで、合格点に達することができたと思います。

参考になれば、幸いです。
合格への近道は存在しません。
地道に自分用の勉強ノートを作成して弱点を攻略してください。
マンション管理士 香川です.
2017/05/29 12:23
こんにちは
また、「『心暖まる』アドバイス」をありがとうございます。

さて、早速、過去問チャレンジを始めました。
なかなか手強いので・・・早くも「『3年計画』になるかな!?」と焦ったり、開き直ったりしております(汗)

ところで、「◎平成16年挑戦日記」を拝読した所、「完全独学」で合格されたようにお見受けしましたが、もしかしたら「通信(または通学)講座」を利用されたのでしょうか?

つきましては、不躾な質問ばかり、連発して、恐縮ですが・・・「『独学』合格」のためのポイントを教えて頂ければと存じますので宜しくお願します。

なお、調べた所では、各種講座はいずれも「『かなり』高額」なので手が届きません(涙)


 
マンシヨンいのき
2017/06/04 11:39
マンシヨンいのき さんへ

私が持っています、国家資格
 ・宅地建物取引士(旧宅地建物取引主任者)
 ・管理業務主任者
 ・マンション管理士
 への合格は、全て参考書と図書館だけでしました。
 特に、資格校へ通うこともなく通信講座も受けていませんので、独学と言えば、そうですね。

 私の受験時代には、まだNETが発展していませんでしたので、分からない部分は図書館通いで補充しましたが、今なら、私のサイトで区分所有法、建築基準法など法律の解説もすぐに手に入るし、十分すぎる過去問題の解説もあります。

 でもこれらは、他の受験生も利用でき、最低の勉強方法として採用しています。

 資格試験において合格をするには、何度も言っていますが、他の受験生に「差」を付ける知識を持つことしかありません。

 マンシヨンいのき さん もあとは、いかに自分流の学習術を確立できるかですよ。

 そのためには、疑問点があれば、すぐにノートにとって、まとめを作り記憶することですね。

 なお、法律を勉強するなら、過去問を読む際に、その条文がどうして制定されたのかまで理解すると別の角度から出題があっても、正解が導きだされるでしょう。

 また、私のサイトのように、全ての情報が無料と考えてはいけません。
 合格を目指すなら、最低限の出資は覚悟しましょう。
 


マンション管理士 香川です.
2017/06/05 12:16
残暑お見舞い申し上げます。
また、先日は、「『心暖まる』アドバイス」をありがとうございました。

さて、迷路にさ迷いこんだようなので、質問させてください。

団地に関する質問です。

団地管理組合と棟別管理組合は並存できるようですが・・・
@団地規約と棟別の管理規約も並存できるのでしょうか?
A団地管理組合の管理者と棟別の管理者も並存できるのでしょうか?

初学者なもので、突然且つ不躾にて恐縮に存じますが宜しくお願します。

マンションいのき
2017/08/20 17:52
マンションいのき さんへ
疑問点がでるということは、勉強が進んでいる証ですから、受け付けますよ。
団地管理組合と棟別管理組合は並存できるようですが・・・
質問:1.団地規約と棟別の管理規約も並存できるのでしょうか?
  回答:できます。
  団地関係で基本となるのは、区分所有法第65条1項により、要件を満たせば、団地建物の所有者の団体は、
  @集会を開き A規約を定め B管理者を置くこと
  ができますから、
  その規約の定め方は、区分所有法第68条により、
  団地全体に関することを団地規約として定め
  棟に関することは、棟別の規約として定めることも可能です。
  しかし、通常、棟での管理と団地全体の管理が入り組むことは面倒ですから、団地全体の規約に棟の規約を取り込んだ構成が普通です。
  その際には、区分所有法第66条で団地には準用されていない義務違反者に対する措置なども棟別総会として規定されます。
  このあたりの詳細は、標準管理規約(団地型)のコメントを参照されれば、いいでしょう。
質問:2.団地管理組合の管理者と棟別の管理者も並存できるのでしょうか? 
  回答:できます。
  質問1.のように、団地全体の規約と棟別の規約は併存できますから、団地全体の規約で全体の管理者を定め、棟の規約で棟の管理者を決めることは規約上可能です。このあたりの解説は、私の「超解説 区分所有法」の第65条以下も参考にしてください。
  
マンション管理士 香川より
2017/08/23 12:24
こんにちは
また、丁寧なご回答をありがとうございます。

さて、(まだまだ半分も理解出来ていませんが)「超解説 区分所有法」の第65条以下、を読ませて頂きました。

ところで、また関連して疑問が涌いてきましたので(厚かましく)質問させて頂ければと存じます。

1.団地規約と棟別の管理規約とに矛盾が生じたら、どちらが優先するのでしょうか?
2.団地管理組合の管理者と棟別の管理者とは、どちらが上位(優位)なのでしょうか?

全てが良くわからなくて困っていますが、特に「団地」は謎だらけです(汗)

つきましては、宜しくお願します。
マンションいのき
2017/09/03 10:09
マンションいのき さんへ

団地のイメージがどうもつかめないようですね。

質問1.団地規約と棟別の管理規約とに矛盾が生じたら、どちらが優先するのでしょうか?
回答:具体的な事例がないと回答が難しいのですが、判断の基準となるのは、区分所有法第66条の規定です。
そこで、団地全体として規定できる事項と、各棟で規定できる事項が別れていますから、それに従って判断されます。また第68条も関係します。
 この辺りは、過去問題で整理されたらいかがでしょうか。

質問2.団地管理組合の管理者と棟別の管理者とは、どちらが上位(優位)なのでしょうか?
回答:標準管理規約(団地型)に見るように、区分所有法で定める管理者は、団地管理組合の理事長一人ですが、もしも団地の管理者と棟別の管理者が定められていれば、両者の権限は異なっていると思いますので、どちらが優位にあるということはなく、規定によりどちらが担当するかだけです。

 団地で準用されている条文は面倒でも、読み替え文を作って整理されたらいかがでしょうか。

 合格までもう少しです
 
マンション管理士 香川です。
2017/09/06 12:00
おはようございます。
また、度重なるご丁寧なご指導、ありがとうございます。

さて、区分所有法第66条、第68条をしっかり勉強してから、お礼申し上げようと思いましたが「いつになるかわからないようなので(汗)」取り急ぎお礼申し上げます。

つきましては、これからも宜しくお願します。
マンションいのき
2017/09/13 09:18
こんばんは
いつもお世話になります。
ご助言を頼りに、過去問を解いておりましたら、(恥ずかしながら)団地に関してまだまだ理解出来ていない事がわかった次第です。

理解できない枝は以下の通りです。

平成26年〔問33〕の枝4に「棟総会は、理事長が招集することはできないので、その棟の区分所有者が当該棟の区分所有者総数の1/5以上及び議決権総数の1/5以上に当たる区分所有者の同意を得て招集します。」とあり、この枝は正しいようです。

私の疑問は「棟に管理者がおかれている場合でも管理者は棟総会を招集できないのでしょうか?」です。

つきましては、毎度、唐突に質問しまして恐縮に存じますが宜しくお願します。
マンションいのき
2017/10/08 20:15
マンションいのき さんへ

団地全体で管理するのか、棟別で管理するのか、前提から区別が混乱されていますね。
団地全体で管理するなら、管理者(理事長)は、棟にはいますか?
その規約はどうなっていますか?
区分所有法と標準管理規約(団地型)のコメントも参考にしてください。
悩むことはいいことですよ!
団地の図を書いて、適用される区分所有法第66条の条文と適用されない義務違反者に対する場合に団地としてとるべき方法を追及してはいかがでしょうか?
マンション管理士 香川です.
2017/10/09 11:50
《ニックネーム》
マンションいのき さんの 10月21日付の
《内容》
こんばんは
また、度重なるご指導をありがとうございます。

さて、何気に!?わかって来たような気がしてきましたが・・・「団地規約と棟別規約」「団地管理者と棟別管理者」が矛盾するように規定・設置される事は無いという意味に解してよろしいのでしょうか?

ところで、このままだと「『団地』につまづいたままで」試験当日を迎えてしまいそうなので(汗)、いったん「団地」を離れ・・・「復旧」を勉強し始めましたら、またつまづいてしまいました!

そこで、また質問させてください。
「区分61条12項」には、「他の区分所有者に対し、建物及びその敷地に関する権利を時価で買い取るべきことを請求することができる」とありますが、13項の「相当の期限を許与」の対象になっているのみで、この規定には7項後段のような「再買取制度」、9項のような「連帯債務」がセットされておらず、買取請求された区分所有者は破綻する可能性があるのではないでしょうか?
どうも、釈然といたしません。
私の理解が間違っているのでしょうか?

の質問が無くなっていましたので、再度載せました。
マンション管理士 香川です.
2017/10/23 18:25
マンションいのき さんへ

 勉強すれば、どんどん疑問が湧きますね。
 いいことですよ。

 そこで、ご質問の
1.「団地規約と棟別規約」「団地管理者と棟別管理者」が矛盾するように規定・設置される事は無いという意味に解してよろしいのでしょうか?
 回答:通常矛盾が無いように規定しますが、どこかに矛盾があれば、区分所有法第66条以下に従うと理解してください。

2.第61条12項について
 一応、買取請求を受けた区分所有者は、またほかの区分所有者に対して買取の再請求はできると解されています。
 しかし、それが可能でも、どこかで資力の無い区分所有者が現れる懸念はありますね。
裁判所からの支払期限の許与を貰っても、もう資力の無い人は、支払ができません。
 この区分所有法の不備です。
 いいところに、気が付いています。
マンション管理士 香川です.
2017/10/23 18:47
こんばんは。
また、励ましの言葉をありがとうございます。

さて、励まされて、調子に乗り!?いろいろと手を広げましたら、やはり何もわかっていない事に気づきましたので、質問させてください。

@57-60条にわたる「義務違反者に対する措置」ですが、当然、管理組合法人にも適用があると思いますが、57条2項の「管理者又は集会において指定された区分所有者」の読み替え規定が存在していないと思います。管理組合法人には「管理者」がいないのに何故でしょうか?

A69条1項「建替え承認決議」ですが、ここだけ「区分所有者数(頭数)」が必要とされていません。区分所有法の議決では必ず「区分所有者及び議決権の『各』O/O」と規定されていますのに何故でしょうか?

B39条では議事は「過半数」で決すると規定されております。つまり「1/2」はダメという事ですね。それに対して、特別決議では「3/4以上」となっており「3/4」を認めています。
悩まずに覚えれば良いのかもしれませんが、どうも気になって仕方ないのでご面倒をおかけします。

まとまりのない尋ね方で恐縮ですが宜しくお願します。
マンションいのき
2017/11/05 21:32
マンションいのき さんへ

区分所有法の全体図や法の構成での纏め方も必要ですね。

質問1.どうして読み替えが必要となるのですか?
 法人であれば、57条1項がありますよ。
 もう一度、私の「超解説 区分所有法」の該当の条文の解説を読んでください。

質問2.団地の建て替えでは、法案の作成者は、土地の共有持分の方を優先したのです。
そこで、区分所有者の数は考慮しなかったのですね。
これも、私の「超解説 区分所有法」に解説してますよ。

質問:3.過半数とは半数を超えることですから、ジャスト半数ではだめです。
 また、3/4以上とは以前の民法での法人(団体)での決議における数です。
 どうして「以上」と含む規定にしたのかというと、3/4という、このあたりの数ならもう含むとしてもいいのではないかと、昔の法律家が考えたようです。
 確かに、悩みが異なった方向に行っている気がしますが、記憶術としては、いいかも。
 吉報を待っていますよ!
マンション管理士 香川です.
2017/11/06 10:49
おはようございます。
また、いつもありがとうございます。

さて、試験まで3週間を切り、焦りまくっている今日この頃です(汗)
焦るだけでは合格しそうにないので・・・質問させてください。

45条には「区分所有者全員の承諾がある時は書面または電磁的方法により議決をする事が出来る。」と規定されていますが、標準管理規約には同様の規定は無いと思います。
「管理所有」「一部共有部分」等が区分所有法に規定されていても標準管理規約には規定されていない事と同様に、稀なものは標準管理規約には規定されないのでしょうか?

また、法律と規約に同一の事を「わざわざ」規定する意味が良くわかりません・・・

あらためて、区分所有法と標準管理規約の関係に悩んでおります。(受験生を困らせる為に標準管理規約を作ったのではないかと思えて来ました(汗))

追伸 何故「管理組合法人」用の標準管理規約はないのでしようか??
マンションいのき
2017/11/09 10:21
マンションいのき さんへ

質問に番号をふってくれると回答も楽ですが。
質問1.区分所有法第45条と標準管理規約の件
 標準管理規約のすべてを確認しましたか?
 標準管理規約のどこかに区分所有法第45条の規定に似た規定はありませんか?

質問2.区分所有法の規定を標準管理規約にも記載の件
 まず、標準管理規約は、法律でもなく、あくまでも国土交通省の役人が作成したマンション管理の参考版であることを認識してください。
 通常、多くの区分所有者は、区分所有法には無頓着で何が規定されているかは知りません。
 そこで、確認のために記載したのでしょう。

質問3.法人の標準管理規約がない
 これは、私に質問されても回答ができません。
 担当の国土交通省に聞いてください。

*標準管理規約は区分所有法を勉強すれば全部わかるものです。
 もっと、区分所有法を勉強する必要がありますね。
 でも、合格は近づいてきてますよ!
 
マンション管理士 香川です.
2017/11/10 11:02
こんにちは
また、いろいろとご迷惑をおかけしております(汗)

さて、箇条書き!?にしてみましたので宜しくお願いします。

1.標準管理規約(単棟型) 第53条関係コメントに「事故があり」との記載がありますが「事故」とは病気などの重篤な事態を意味するのでしょうか?それとも「仕事の都合」程度のありふれた事情をも想定しているのでしょうか?

2.総会(集会)では(議長や他の区分所有者へ)委任状が提出されるケースが多いと思いますが、区分所有法にも標準管理規約にも「委任状」に関する規定は無いと思います。
法律の根拠無く、慣行として認められているのでしょうか?

3.@理事会でも、出席できない理事から(理事長への)委任状の提出が認められるのでしょうか?
A規約に理事会での「委任状」を認める規定が無くても良いのでしょうか?
マンションいのき
2017/11/13 10:47
おはようございます。
また、区分所有法の読込の不足を痛感しました。

さて、1.「委任状」は39条2項「代理人によって行使」の事と考えればよいのでしょうか・・・

2.区分所有法には理事会の規定がありませんから、規約に「自由に『代理人』の規定」を定めてよいのでしょうか?

3.それとも(外部専門家以外は)理事会では当然に(例えば理事長への)代理が認められるのでしょうか?

お粗末な質問ばかりで恐縮に存じます(汗)

マンションいのき
2017/11/14 10:15
マンションいのき さんへ

本当に纏まりのないご質問で、家庭教師ではないマンション管理士 香川としては、事故とはなど、たかが国土交通省の役人が参考版として作成した法律でもない標準管理規約のコメントに対するコメントはする気にはなりませんが、重要な点は、一応、面倒をみましょう。

◎議決権行使での委任状等について
 これは、もともと民法で認められていたものを区分所有法第39条2項でも規定したものです。

 そこで、マンションいのき さん は委任(状)と代理(人)の関係をもう一度確認してください。

 議決権行使の方法としては、
 *本人が総会(集会)に出席して、賛否を表明する 他に欠席の場合、

 *議長(理事長)に一任するのか
 *代理人を指定するのか...この際に必要な書類は?
 *議決権行使書を提出するのか

  ですね。
  棄権は、議決権行使ではありませんよ!

  分かり難い標準管理規約の制限などとの関係は、私の「超解説 区分所有法」 第39条2項を読んでください。

◎規約は何でも規定できるか?
 規約で定められるのは、、@管理 と A使用 についてだけですね。

 これも、詳細は、私の「超解説 区分所有法」第30条を読んでください。

◎理事会での代理出席?
 区分所有法で規定がありませんから、本来は、民法に戻りますが、受験生としては、ここは、もう、標準管理規約だけの世界として、標準管理規約の53条のコメントを参考にしてください。

 試験日を間近にして、重点を更に整理することですね。

 委任では、過去問題の平成24年 管理業務主任者試験 問29などは参考になりますか?

 大丈夫かな?
マンション管理士 香川です.
2017/11/15 14:27
おはようございます。
いつもありがとうございます。
また、ご迷惑をおかけしておりますが(汗)残り一週間だけ「ネット教師」として宜しくお願いします(ペコリ)。

さて、ようやく(受験生らしい)質問が出来るようになって来た(気分になって来た)
ようです・・・

平成26年問9の枝4に「店舗一部共用部分であるエスカレーターについて、区分所有者全員の規約に定めが無い場合、その取替えが区分所有者全員の利害に関係しない場合、店舗一部共用部分の集会の決議で取替えを行う事が出来る。」とあり、正しい枝のようです。
ところで「店舗一部共用部分の集会」とは、店舗一部共用部分の共有者だけで管理組合を作っているので議決出来るという意味なのでしょうか?それとも、いわゆる「店舗部会」でも例外として議決出来るという意味なのでしょうか?

マンションいのき
2017/11/19 10:39
何度もすみません「コメントは800字以内」でしたので2つにわかれてしまいました。
つきましては、宜しくお願いします

2.69条「団地内の建物の建替え承認決議」の場合は「一当該特定建物が専有部分のある建物である場合 その建替え決議又は・・・」と規定されていますので当該棟で建替え決議がなされる際に62条6項「当該集会の会日より少なくとも一月前までに、当該招集の際に通知すべき事項について区分所有者に対し説明を行うための説明会を開催しなければならない」により「説明会」が開催されていると思います。
それに対して、70条1項「団地内の建物の一括建替え決議」では「第六十二条第一項の規定にかかわらず、当該団地内建物の敷地の共有者である当該団地内建物の区分所有者で構成される第六十五条に規定する団体又は団地管理組合法人の集会において、当該団地内建物の区分所有者及び議決権の各五分の四以上の多数で、当該団地内建物につき一括して・・・」と規定されていますが、62条6項のような「説明会」の規定がありません。となりますと「団地内の建物の一括建替え決議」の場合は「説明会」は不要という事になるのでしょうか?

3.30条2項の解説に「規約で定められるのは、建物又はその敷地若しくは附属施設の@管理とA使用についてだけです。そこで、区分所有権(専有部分を目的とした所有権)を譲渡してはいけないなどの禁止や制限等は建物や附属施設等の管理・使用に関する事項ではありませんから規約で定めても効力がありません。」との事だから、「理事会への代理出席」は「管理」に関する事項ですし、標準管理規約の53条のコメントでは「規約において認める明文の規定が無い場合に認める事は適当でない」とありますのでので、「理事会への代理出席」を規約で定められると言う事ですよね?
マンションいのき
2017/11/19 10:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成28年のマンション管理士・管理業務主任者試験関係をまとめた! 目指せ! マンション管理士・管理業務主任者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる