目指せ! マンション管理士・管理業務主任者

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成24年のマンション管理士・管理業務主任者試験は?

<<   作成日時 : 2012/07/20 09:19   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

7月20日、
平成24年もマンション管理士・管理業務主任者試験での合格を目指して多くの受験生は頑張っていると思いますが、年々、受験生の士気が落ちているのが気になります。

 このブログでの質問も受け付けていますので、お気軽に不明な点や問題点があればお気軽に、投稿ください。

 「マンション管理士 香川事務所」 
からの連絡でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
不躾ではありますが、このブログでの質問を受け付けるとの由、いくら考えてもわからないので、お教えいただきたいことがございます。
それは、平成22年の管理士試験問4の2の肢です。
敷地の持分割合については、新築分譲時に登記の必要性から分譲契約にて定める、すなわち公正証書にて設定するものと理解しております。その後、これを変更することは対価の授受を要するし、変更するメリットがないことから、実務上はあり得ないでしょうけど、理論的には可能ではないでしょうか?それとも、ここの設問では、敷地権ではなく敷地となっていることで、規約でその割合を定めることができないということなのでしょうか?
いくら考えてもわかりません。ご教示願えればと思います。
裏参道
2012/11/09 16:16
裏参道さんへ。

 ご質問の内容が、規約で変更できることに中心があるようで、いま1つ、分かり難いのですが、平成22年のマンション管理士試験 問4は、
〔問 4〕規約で、その割合を定めることができないものは、区分所有法及び民法の規定によれば、次のうちどれか。
 とあり、
 選択肢2の「敷地の持分割合」については「規約で別段の定めをすることを妨げない」の規定が、区分所有法の条文や民法の条文では無いと、単純に捉えては、いかがでしょうか?

 また、このあたりの詳細は、私の「超解説 区分所有法」の第22条の解説も参考にしていただけると幸いです。
 
*裏参道さんは、今年受験される予定ですか?
 もし、受験されるのでしたら、試験問題を当方に送っていただけるといいのですが。
管理人 香川より。
2012/11/09 18:12
早速のご回答ありがとうございます。
今年受験しますので、試験問題は後日郵送いたします。
裏参道
2012/11/09 19:03
お役にたって何よりです。

また、試験問題の提供の方はお手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

吉報をお待ちしています!
管理人 香川より。
2012/11/11 09:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成24年のマンション管理士・管理業務主任者試験は? 目指せ! マンション管理士・管理業務主任者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる