目指せ! マンション管理士・管理業務主任者

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成23年マンション管理士試験の解説を始めた。

<<   作成日時 : 2011/12/09 09:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

12月9日、
 平成23年のマンション管理士試験問題を入手して、先日より、解説を加えてUpしている。

今年のマンション管理士試験問題の概観としては、過去の出題傾向と比べてかなり出題文の曖昧さが指摘できる。
今までは、法律として突っ込んだ部分があり、この部分を勉強してきた受験生にとっては、今年の設問では正解が多岐になる箇所が多く、出題元の「財団法人 マンション管理士センター」が正解とする1問を絞り込むことが難しい。

 逆に、法令の表面だけしか勉強していない人にとっては、○Xがつけやすかったかも。

 私の「目指せ! マンション管理士・管理業務主任者」のサイトを利用している人は、どのような感想なのか、お気軽に書き込んでください。

解説者 兼 マンション管理士 兼 管理業務主任者 の 「マンション管理士 香川事務所」 もご利用ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年お世話になったのりべーです。
今年は、回答速報の結果が割れて受験生の方は、1点を争う中でやきもきしますね。
全体的には難しいという感じはしませんでしたがどうでしょう。

さて、マン管試験の問29ですが、
肢3では、理事会の決議は案を総会に諮ることであって決定事項ではないので賛成か反対かまでを拘束されないと解釈していました。
一方、肢4では、予め監事の反対の意思が委任者に示されていれば問題ですが、そうでなければ、賛否両方の意思が存在するとして不統一行使が可能であると考えています。
いずれにしても現場では、委任状のトラブルも多くて、実際に多く出てくる白紙委任状をたてに理事長が議案に反対するケースもあり、出てくる回答にとても関心があります。
1年間関西のマンション管理士会に所属してまだまだ勉強中です。専業への道のりは長そうです。
のりべー
2011/12/10 11:49
のりベーさん、お久しぶりですね。
ところで、今年のマンション管理士試験はどのくらいできましたか?
1年間ブランクがあると、中々、確定合格圏までの得点は難しいですね。

また、今年の問29 ですが、これは、一人のところにきた委任状は分けて行使してはダメということをきいていると判断してます。

関西のマンション管理士会は活発ですか?
よければ、私の「マンション管理士 香川事務所」ともリンクなどしませんか。
管理者 香川
2011/12/11 14:56
難しいと思わなかったなど偉そうなことを言いましたが、不確定な解答を考えて、36〜40点くらいでした。去年の合格ラインの37点を考えると 今年、受験していたら落ち着かない日々を送っていたでしょう。

昨年丸暗記して受験した、建築基準法や不動産登記法あたりは、ほぼ全滅です。勉強し直さないといけませんね。

一方後半の設備工事の出題や会計は去年まで苦手と思っていましたが、問題なく解けたと思います。

お誘い感謝します。メールにてまた連絡させていただきます。宜しくお願いいたします。
のりべー
2011/12/12 08:41
今回も試験問題の詳細な解説ありがとうございます。勉強する上で非常に参考になります。問14の肢3については、問13の問題文で管理組合の定義と「以下同じ」という記載があるので、解説のように肢1が正解だと思います。それから問2ですが、管理組合を代表する理事長も区分所有法上の管理者とされていますが、この場合に管理者の権限に変化はあるのでしょうか。もし次回以降の解説の中で機会があれば触れて頂けるとありがたいです。今後の解説も楽しみにしています。
KOUMI
2011/12/17 23:46
KOUMIさん 
問14の件、ご指摘ありがとうございます。
解説が、別の問題などに飛んでしまって、余分な言葉をいれました。訂正いたります。

また、他の質問ですが、現在の流れとしては、一応解説を問題の最後まで進んで、また、再考したいと思っていますので、ご了承ください。
*KOUMIさんがどのように私のサイトを利用されているのかもお知らせいただくと、サイトの運営の励みになります。
解説者 香川です。
2011/12/20 09:44
この度はお返事ありがとうございました。こちらこそ先生のご指摘で問題文の記載に気付く事が出来ましたので恐縮です。私自身もマンションの区分所有者の一人で、管理業務主任者資格を取得後マンション管理士試験の勉強を始めました。ですが区分所有法は管理組合法人に重きをおいて管理組合は規約にお任せ状態なのに、「区分所有法及び民法の規定によれば」という前提で管理組合の出題がなされるので混乱してしまいがちです。今回も割れ問の検討で困っていましたところ、先生のサイトと出会いました。数々の疑問を解消して頂いて大変感謝しています。今後も勉強の参考にさせて頂きますのでどうぞよろしくお願いします。
KOUMI
2011/12/20 19:05
KOUMIさまへ、
私のサイトがお役に立っているようで、光栄です。
今年のマンション管理士試験の解説は、まだ始めたばかりですが、民法では過去問題にない分野からの出題文が曖昧で時間がかかりかなり苦慮しています。

何とか、受験生の疑問を早く解決しようと、正に日夜精力を注いでいますが、一人では、なかなか先に進めませんのでご了承ください。

また、ご不明な点やマンション生活でお悩みがあれば、お気軽にこのブログをご利用ください。
解説者 香川です。
2011/12/21 11:11
こんにちは。マンション管理センターのホームページに、専用使用権のある共用部分の占有者は賃借人で損害賠償責任は管理組合が負うと記載されていましたので、やはり問14の正解は肢1だと思います。先生のご見識素晴らしいと思いました。今後も情報があればこちらのブログを活用させて頂きますのでよろしくお願いします。
KOUMI
2011/12/24 15:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成23年マンション管理士試験の解説を始めた。 目指せ! マンション管理士・管理業務主任者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる