目指せ! マンション管理士・管理業務主任者

アクセスカウンタ

zoom RSS マンション管理士・管理業務主任者試験の解説が終わった。

<<   作成日時 : 2011/01/06 17:43   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

1月6日、

 フゥ−ツ、どうやら、平成22年に実施されたマンション管理士と管理業務主任者の試験の解説を終えた。

 まず、マンション管理士試験の解説を昨年12月1日から開始し、年末も年始も解説に没頭し、1ヶ月と少しかかったわけだ。
 
 過去問題とのリンクや設備関係では図も入れましたので、ご利用ください。

 アドレスは、
 「目指せ! マンション管理士・管理業務主任者」の「過去問題」にあります。

 http://www20.tok2.com/home/tk4982/mankan.html

 これから、クロちゃんさんの疑問や、また自分なりに、問題を確認していきます。

 質問や不明点、また誤字・脱字、リンクの間違いなどお気づきの点もあれば、これもらも、教えてください。

 マンションの管理で問題を抱えている方は、マンション管理士 香川事務所 もご利用ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
1月8日
クロちゃん さんへ

ご質問の、平成22年マンション管理士試験 「問17」選択肢2 について、該当の「問17」に私の追記を入れましてたので、参考にして下さい。


解説者 香川です。
2011/01/08 12:08
管理人さま

管理業務主任者の解説終了、お疲れ様でした。
解説を改めて見直しながら、自己採点では合格圏内と思われますが、合格発表まであと十数日。
何となく落ち着きませんね (^^;

マンション管理士の問17、追記を拝見しました。
ただ、やはり根本的に考え方が異なるようです。

工作物の設置又は保存の瑕疵について、所有者・占有者の責任の説明において、全く異論はありません。

ただ、根本的に異なるのは、その外壁が301号室の賃借人の占有であるか否か・・・という部分でしょう。

外壁等の躯体部分は法定共有部分に属すると勉強しました。

しかし、「ベランダに限って」は外壁であっても区分所有や占有の対象になるのなら、管理人さまの説明も納得できるのですが、やはり私の考えでは、ベランダとはいえ「外壁は法定共有部分に属し」、その設置又は保存の瑕疵に対する責任は、区分所有者全員(故に占有者は除かれる)で負うものと考えます。

同様に、民法第717条の説明についても、外壁を占有しているわけでは無いので、該当しないものと考えます。

ベランダを管理しているから、その外壁も管理の対象になるという説明も疑問。
例えると、私の住む居室は私が管理(所有・占有)していますが、外壁は法定共有部分であって、私の管理下にはありませんよね?
ベランダのみ、その外壁も含めて私の管理下にあるのでしょうか?
クロちゃん
2011/01/09 11:45
>日常の共用部分の管理は誰がするのか(誰がしているのか)。この観点から、占有者しか共用部分の管理ができないのだから、責任を問うという考え方もあります。

>私は、区分所有者が住んでいないために日常の管理ができないため、占有者が所有者を代理した関係で、共用部分を管理する責任を負うと、判断しています。

区分所有法 第3条では、「区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体を構成し」とあります。
また、同第6条では、区分所有者と占有者を明らかに区別・除外(第3項)し、第2項で「専有部分又は共用部分を保存」を区分所有者にのみ定めています。

区分所有法で明らかに所有者と占有者を区別しているのですから、その管理責任を占有者が代理しているとは言い難く、第6条による限り「明確ではない箇所」では無いと思いますが。

管理人さまの論拠で行くと、ベランダの外壁に限らず、共有部分全てについての設置又は保存の瑕疵の責任をも賃借人が負うことになり、いささか乱暴な気がします。
クロちゃん
2011/01/09 14:20
クロちゃんさんへ
 1つの疑問が広がって、区分所有法や民法の条文を確認していくのはいいことですね。

 ご指摘のように、区分所有者が賃貸にだした場合、住んでいる人(占有者)と住んでいないけど貸しているオーナー(区分所有者)の責任範囲をどこに設定するかは、もっと、もっと突き詰めて研究できる分野です。
 
 別の言い方をすれば、マンションという戸建てと異なった建物での、瑕疵担保責任ですね。
ぜひ、民法も含めて追及してください。
 なお、クロチャンさんが使われています、”法定共有部分”ですが、区分所有法では、建物の専有部分以外の部分は、”共用部分”と呼ばれています。共用部分となると、区分所有者の共有です。
 また、”法定共用部分”も”規約共用部分”も全部、まとめて”共用部分”となります。
解説者 香川です。
2011/01/12 10:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンション管理士・管理業務主任者試験の解説が終わった。 目指せ! マンション管理士・管理業務主任者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる