目指せ! マンション管理士・管理業務主任者

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成22年 マンション管理士試験の解説が終わった。

<<   作成日時 : 2010/12/19 10:17   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

12月19日、
 12月1日から、解説を始めた、平成22年のマンション管理士試験問題の全50問の解説がどうにか終わった。
まだ、完全な精査はすんでいませんが、早めに、本年度の受験生やマンション管理士・管理業務主任者試験に関心のある方々の参考になれば、良いと思って作業しています。

 解説の方法として、初心者でも分かるように根拠の完全な提示、また平成13年から始まる過去問題とのリンク、できるだけイラストも取り入れる方向で進んでいますので、時間がかりますが、多くの方々の励ましの書き込みに支えられています。

 次は、同じく平成22年の管理業務主任者試験の解説に入るために、問題文のコピペを開始しました。
こちらも、徐々にUpしますので、ご利用ください。

 それから、マンション管理士 香川 事務所も宣伝してください。





管理業務主任者出るとこ予想合格るチェックシート(平成22年度版)
楽天ブックス
商品副データ一週間で仕上げるTAC株式会社TACこの著者の新着メールを登録する発行年月:2010年1

楽天市場 by 管理業務主任者出るとこ予想合格るチェックシート(平成22年度版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした m(_ _)m

某巨大掲示板でも、ヘタな参考書より良い・・・と、書き込まれていましたね。
いや、当に実感です。

管理業務主任者の方も、楽しみにしていますね☆
クロちゃん
2010/12/20 00:40
クロちゃんさんへ

”ヘタな参考書より良い”とは、喜んでいいのやら、そんな物と比べられては、憤慨だ と思う面もありますが、
それは、さておき、平成22年の管理業務主任者試験問題の解説も、徐々にUpしていますよ。

 管理業務主任者試験問題の解説は、問46から問50を先に解説しましたので、ご覧ください。

 さらに、クロちゃんさんが、納得のいかないマンション管理士試験での「問17」も管理業務主任者試験の「問5」の解説も参考にして、占有者の注意義務・所有者の二次的な義務もさらに検討ください。


解説者 香川です。
2010/12/21 18:54
管理人さま

コチラの解説が市販の参考書より有用である旨の書き込みがあった・・・とお伝えしたかったのですが、適当な語句が見当たらず、前後の脈絡を上手くお伝えすることが出来ず、ご不快に思われたのなら謝罪いたします。

「参考書より良いのは当然至極」といった管理人さまの気概でしたら、当にその通りなのですが (^^)

マンション管理士の問17に、私の質問が引用されていて、ちょっとビックリしているトコロです (^^;

やはり、再考しても「外壁は共有部分とする」といった「区別」を問う問題であるように思え、301号室の賃借人の責任を問うことは無理があると思うのですが・・・


さて、話が変わりますが、解説の進んでいる「管理業務主任者」の問題について、お考えをお聞きしたく思います。

会計の問題、問15ですが、消去法で行くと「正しい」とされた4が正解に思えるのですが、ここで使われる勘定科目「固定資産除却損」について疑問があります。

「固定資産除却損」の説明を読むと「固定資産除却損とは、バランスシートに計上されている不要になった固定資産を廃棄処分した際に用いる勘定科目で、固定資産除却損は、不要になった時点での固定資産の帳簿価額を損失として計上する会計処理であり、固定資産除却損は、損益計算書上においては、特別損失の区分に表示することになります。」
クロちゃん
2010/12/25 15:41
「また、固定資産除却損が計上されても、現金の流出は生じませんので、キャッシュフローには影響ありません。」

「売却の際に発生した手数料や印紙代などの諸費用は、除却損に含めて処理できます。」

工事会社から届く「高架水槽撤去工事費」は、上記のいずれにも該当せず、「固定資産除却損」の勘定科目は不適切であると思うのですが。

しかし、一般的な管理組合の会計において、給水管や高架水槽を「建物附属設備」等の「資産」科目を使って計上、管理するものなのでしょうか?
企業会計と異なり、資産を厳密管理して納税額を算定するような会計は、不必要に思えるのですが。。。
クロちゃん
2010/12/25 15:42
クロちゃんさん へ
 他の参考書との比較は、そんなに気にしてませんから、大丈夫ですよ。

 平成22年の管理業務主任者試験の「問15」の解説まで、昨日やっと済んだところです。
 そこで、質問の勘定科目ですが、ここまで細かくやっている管理組合の方がいたら、ぜひきいてみたいですね。

 実務としては、会計は管理業者に任せて、そこの経理ソフトを使っていますから、やる気があれば、いくらでも細かく管理できますが、新築時の勘定科目設定では、大まかな科目しか設定していません。これを、継続性の原則でそのまま変更しませんからね。

 他の受験生は、どう判断していますか?
解説者 香川です。
2010/12/26 09:26
管理人さま、ご回答ありがとうございます。

ただ・・・質問の意図は異なりまして・・・ (^^;

「固定資産除却損」は、先の引用で示しましたとおり、お金の支払を伴う勘定科目ではなく、固定資産の廃棄に伴い、帳簿上に残ってしまった、その『固定資産を帳簿上ゼロにするための損失勘定』です。

つまり、高架水槽の撤去工事により、実物の無くなった高架水槽の帳簿上残高を消すための勘定科目なので、その撤去費用に「固定資産除却損」の勘定科目を使うことは間違いで、簿記検定だと「×」とされます。
通常だと、「雑損失」あたりの勘定科目になろうかと思います。
クロちゃん
2010/12/26 19:07
管理人様 毎年解説をありがとうございます。
現実の管理組合の運営は、
微妙なことがたくさんあって
とても有用な解説をしていただいて
なんども読み直したりしています。

さて、クロちゃんさんの質問の説明には、
私も同様に解釈していましたので、
各社の回答速報では、のきなみ「固定資産除去損」
となっていたので、少し驚きました。

話は変わりますが、
私の住むマンションでは、
管理組合法人を設立したばかりで、
クロちゃんさんの言うとおり
営利を伴わないマンションでも
財産目録に高架水槽なんぞを
固定資産として、計上するのかという
疑問がわいてきました。
また、営利を伴うマンションであっても
管理組合には、共用部分に結構な固定資産があって、
収益事業と関連づけて償却費を計上できるのか
難しいところですね。
のりべー
2011/01/06 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成22年 マンション管理士試験の解説が終わった。 目指せ! マンション管理士・管理業務主任者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる