目指せ! マンション管理士・管理業務主任者

アクセスカウンタ

zoom RSS dolphinさんからの質問に対する回答

<<   作成日時 : 2009/11/23 20:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

別途 dolphinさん からの質問が来てましたの、ここに回答します。

*区分所有法第45条2項に関する質問です。
表題の質問ですが、この条項の意味がよく理解できません。

区分所有者全員の承諾があり、書面や電磁的方法での決議が認められ、その方法で決議をしたとします。
しかしこの決議は、再度区分所有者全員の書面又は電磁的方法による合意を得ないと、決議があったとみなされない、ということですか?

「区分所有者全員の合意」というのは、どのタイミングで必要になるのでしょうか?
『承諾』と『合意』の関係が分かりません。

お忙しいところ恐縮ですが、ご教示いただけませんでしょうか。

************************************

「回答です」
まだ、管理業務主任者試験に向かって勉強を始めて間が無いとのとことで苦労をされているようですね。

本当に、法律の文章は、難解で、初心者を困らせます。
まず、一般的な言葉の意味として、「承諾」とは、一定の事実を認める意思表示となり、そして、「合意」とは、当事者の意思が一致(合致)することです。

そこで、dolphinさんの質問ですが、区分所有法第45条2項を見てみましょう。

 区分所有法第45条2項 この法律又は規約により集会において決議すべきものとされた事項については、
区分所有者全員の書面又は電磁的方法による合意があつたときは、書面又は電磁的方法による決議があつたものとみなす。


*ご承知のように、区分所有法では、原則として、多くの事項は集会(総会)を開いて、そこで、討議し、過半数や3/4以上等で決議しなさいと定めていますが、IT化の流れによって、平成14年の改正により、区分所有者全員が、実際の集会を開催しなくて、討議しないでもいいですよという(事前の)承諾をすれば(区分所有法第45条1項)、書面や電磁的方法による過半数や3/4以上等での決議も集会の決議と同じ効力を持ちます。(区分所有法第45条3項)。
 ここで、承諾を必要としたのは、集会を省き、討議をしないと不利になることもありますが、それでも構いませんということです。

 そこで、区分所有法第45条2項の解説ですが、
集会を開いて決めなければいけないというある決議事項がある場合でも、集会を開かずに、全員が書面又は電磁的方法で合意(全員一致)をすれば、その時に、決議する事項は成立するということです。その合意に集会の決議と同じ効果が与えられます。

 この規定は、全員が異議のないことがはっきりしている場合に、わざわざ集会を開かなくてもすむようにしたものです。少数の区分所有者しかいないマンションでは使えそうですが、大規模なマンションでは、誰かが集会を開けといったら、もうこの規定は適用されず、集会を開くことになります。


*これを踏まえ、dolphinさんの質問に対する回答としては、
 区分所有者全員の承諾があれば、書面又は電磁的方法で決議ができます(同法第45条1項)、それは、集会での決議と同じ効力を持っています(同法第45条3項)から、再度区分所有者全員の書面又は電磁的方法による合意は不要です。

 となります。

 まだ、ご不明な点があれば、お気軽に連絡ください。

 また、私の「超解説 区分所有法」第45条の解説もご利用ください。

 朗報を待っていますよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のも と申します。

いつも勉強しながら拝見させていただいております。

今年のマン管と管理業務主任者の試験を受験する者ですが、今回の試験範囲に該当するそれぞれの法令等の改正はどのような手段で調べれば良いのでしょうか?参考になるホームページ等がありましたら教えてください。
※独学で勉強しているので情報収集の面で苦労しています。(涙)少しでも教えていただければ幸いです。
法律改正について
2009/11/24 13:29
のも様へ
一人で勉強するには、情報を入手する手段を持っていないと大変です。
つまり、インターネットの活用です。「検索」のテクニックを身につけて、ネットの隅々まで探すことです。

通常、区分所有法や建築基準法なら国土交通省など、法令に関係している省庁のホームページで改正の記録をみつけることです。

また、政府の法令データ提供システム
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
で、最新の条文を手に入れられます。

 しかし、もう1週間もない今の時期に、各種の法令をチェックするのは、大変でしょうから、特別にお教えします。
LECさんがご親切にまとめてくれていますので、一度目をとおされればいいと思います。
http://www.lec-jp.com/mankan/pdf/091120.pdf
にありますから。

*泣かないでください。
 
 迷える人には必ず助けてくれる人が、現れますから?
 だだし、私はキリストのように万能ではありませんけど。
マンション管理士 香川です。
2009/11/24 16:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
dolphinさんからの質問に対する回答 目指せ! マンション管理士・管理業務主任者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる