目指せ! マンション管理士・管理業務主任者

アクセスカウンタ

zoom RSS 結露の問題

<<   作成日時 : 2009/06/13 09:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

6月13日、
 とあるマンションの事例です。
 
★内容は、
 この3年間、冬場の結露がひどくて悩んでいるとの相談。
 現場は、8階建の建物。南向きの1階の6室ある中央の部屋で間取りは3LDK。
 南側に面していて、広い道路があり日当たりは良い。

 現状は、
 北側の部屋のタンスは、カビが生えて多くの材木が弱ってきている。
 また、ベッドもカビが発生しているし、コンセント・ボックスには、水までが溜まっている。

 管理会社が販売会社の子会社だったので、過去にも、たびたび、管理会社を通じて販売会社の建築担当者(1級建築士の肩書を持つ)に見てもらうが、そのつど換気が悪いせいで、居住者の責任とのこと。

 それで、冬場でも寒さをこらえて、時々窓をあけ、また換気扇を回すが、全然改善しない。

 そこで、管理組合を介して、渋る販売会社を強引に説得し、調査をさせたところ、何と北側の換気孔2つが建築時より、ガムテープで塞がれていたのが見つかる。

 これでは、いくら寒さをこらえて、換気に努めても結露はできるわけです。


*教訓:居住者には、建築の専門的な知識はありません。
     建築の専門家が居住者の責任だといえば、信じるだけです。
     管理組合にも建物の専門家がいるのはまれです。

     また、販売会社との交渉など、やったことのない人たちです。

    こんな時、「マンション管理士 香川事務所」へ連絡ください。

  問題の解決が、早くなります。



 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結露の問題 目指せ! マンション管理士・管理業務主任者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる